ばんぎゃる医学生ちゃん!

全身全霊でクソの役にも立たない記事書いてます!!!

おっぱいはすっごい。

 

実家から帰り、実習に行き、バイトも行った。決められたタスクをこなす1日が続いている。

なんとなく気持ちが疲れたような気がして、1人カラオケに足が向いてしまった。反省。

しかしよく考えてみれば、1時間300円ちょっとでリフレッシュできてしまうなんてコストパフォーマンスはとても良いのではないか。暴飲暴食よりはるかに健康的だし。カラオケは週に◯回までというように制限さえすれば、行ってもいいような気がするのだった。

 

 

 

それはそうと今日はおっぱいの話をしたい。すごく。

 

 

このブラジャーがありえんよかった。

なんてったって、纏った瞬間、私の関東平野に突如としてアルプス山脈が出現したんだもん。

超安いのに。めっちゃつけ心地も楽なのに。何この大革命。

 

そんなこんなで本日は1日中巨乳として過ごしたわけなのですが。

おっぱいってすごい。

 

まず、眼下におっぱいが広がってるんだって考えるだけで従来比5倍くらい美人になったような気がしちゃうもん。それで、おっぱいも大きいと気も大きくなってどんどん自信がつく。なんなら、失敗した時は「ま、ゆーて巨乳だしなんとかなるっしょ」で何とかなるし。たぶん。

 

たったおっぱい2つで、こんな全能感。

おっぱいってすごい。

 

これは本当に女性だけの特権だと思うし、今日は初めて心の底から女性であることを感謝した。神とトリンプに、万歳。

 

おっぱいを盛って詐欺罪で捕まったという話は聞かないので、これからもここぞという勝負どきに積極的に使用して行きたい所存。

 

 

…本当の勝負どきには、没収されちゃうんだけどね。それもまた一興です。

別れと出会いと、承認欲求。

長年の愛車スイフトとお別れした。もともと母が乗っていたものを譲り受けたので、かれこれ10年以上の付き合いになる。写真をたくさん撮ってゆっくり思い出に浸ろうなどと考えていたが、雨が降っていたのでちゃちゃっと数枚撮って置き去りにしてきてしまった。じゃあね、の言葉も言えずじまい。車も人も、別れは意外にあっけないもの。夜になって今更、いろいろなところに連れていってくれたことを思い出してしまう。寂しいばかりだ。

明日からは、父が乗っていたCX-5を愛車第2号とする。楽しい思い出、いっぱい作れますように。

 

 

夜は、録画していた「SONGS 椎名林檎」を視聴した。音楽について、社会について、本当によく考えを巡らせていることが伝わってきた。永久保存版だ。

 

いつもCDジャケットが変な理由は、「美醜についてとやかく言われたくない」ということだそうだ。

 

 

私も最近、美醜について考え直すことがある。

 

中学生の頃からずっと、頭から「痩せなきゃ」という観念が離れない。顔や体型と向き合わなくてはならないので、写真も大嫌いになった。

そんな風に書くと、さぞかしものすごく太っている、大層なぶすだと自己評価しているように誤解されてしまいそうだ。実際は違っていて、私は自分の顔も自分の体も大好きだ。でも、どうしても他人と比べてしまう。モデルよりはるかに重い体重、大きな肩幅、丸すぎる鼻、張った顎がすごく気になる。これでは愛されない、認められないと思って、くるしくなる。誰に愛されたいのか認められたいのかはわからないが、とにかく愛されたいし認められたい。

 

22歳になって、やっと考えが変わってきた。

万人に愛されることも認められることも到底不可能。1番愛してほしい1人に愛されることすら、とても難しいことなのに。じゃあ誰が私を愛して認めるのか。そんなの私しかいない。今まで自分を苦しめていたのは自分だったけど、これから自分を癒していくのも自分だと思った。

最近は「痩せたい」を頭から追い払っている時間が、少しずつだが増えてきた。そうすると、物事にいろいろな側面があることに気づく。私を誘惑し太らせていた悪魔だった「食べ物」は、家族や恋人、友人と食べると最大の癒しを与えてくれるし、しかもひとりで作るのも楽しい。「運動」は痩せるための義務じゃなく、楽しめる範囲で行えばストレスも解消できる。馬鹿馬鹿しいことだと思われそうだが、本当に今まではそういう風に考えていたのだ。

 

太っているモデルを使え、鼻が丸い女優を起用しろ、なんて言わない。大多数の人間が美しいと思う人を広告に使うのは、当たり前のことだから。

ただ、今の中学生や高校生には、私みたいになってほしくないと思う。「痩せたい」「可愛くなりたい」に囚われて、貴重な青春時代に自分を嫌いにならないでほしい。いろいろな側面から物事を見て、楽しんでほしい。

あなたは十分素敵だよ、とみんなに伝えられる人間になりたい。

宇都宮パルコと私の青春が終わるの

 

 

さっき、宇都宮パルコからLINEが来た。

 

f:id:moemetalxxx:20190531225846p:image

 

「宇都宮パルコは2019年5月31日をもちまして閉店いたしました。

1997年3月の開店以来、世代を超えてたくさんのお客様からご支持とご愛顧をいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

22年という長きに渡り、宇都宮パルコをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございました。」

 

そっか。5月が今日で終わりってことは、宇都宮パルコ閉店しちゃったんだ。

ていうかパルコ、私と同い年だったのか。知らなかった。

 

ここ数年、パルコからLINE来ても読まずに消しちゃってたし、閉店するのは半年前くらいから知ってたのに結局一回も行かなかった。

パルコと私の関係は、そんなもん。

それなのに、今日はちょっとだけ泣いてしまった。

 

 

初めてパルコに行ったのは小学6年生のときだったからもう10年も前なのに、今でもはっきりと思い出せる。

人より身体が大きくてついに子供服の丈が足りなくなった私の次なるお買い物の場が、パルコだった。

ドキドキしながらエレベーターを降りた先の地下一階は、お店も、お洋服も、店員のお姉さんも、お姉さんの爪もぜんぶがぜんぶキラキラしていて眩くて、意味わからん音量で流れてる洋楽がもっと私をドキドキさせて、まるで夢の世界みたいだった。

セシルマクビーもリズリサもグラッドニュースも雑誌でしか見たことがなくて、「ほんとうにあるんだ!」ってびっくりした。

どの服も今までに見たことないくらい可愛くてかっこよくて、ここが私のクローゼットだったらどんなにいいだろう、そんなことを思いながらも真剣に選んだ1着は結局丈が短すぎてあんまり着なかったんだけど、ちゃんと覚えている。

 

 

それから大学生になるまで、パルコでたくさんのお洋服を買った。

お洋服には、いろんな感情の思い出がある。

その時どんなこと考えて、どういう服を選んだのか、そんなことを思い返すだけでなんだか切なくて、お洋服だけじゃなくて、お母さんとグラタンとフルーツサンド食べたことも、友達の誕生日プレゼント選んだことも、高校の時の彼氏のバレンタインデーの材料買ったことも、いっぱい思い出して、泣いてしまった。

 

 

いつのまにか、パルコで買う服がなくなるくらい大人になっていた。

今日、私の青春は同い年の宇都宮パルコと一緒に死んだのかもしれない。

そんな悲しい日がまさに今日だったのかもしれない。

 

 

でもきっと、これからもずっと、馬場通りを通って宇都宮駅に向かう時にはちょっとだけパルコのことを思い出すのだろう。そして、青春のことも。

それくらいでいい。それくらいがいいと思う。

 

 

パルコ、ありがとう。

 

 

   にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村  

無事帰国できて日本ラブな気持ち

 

たった今、やっと帰宅した。

 

しばらくソファーのうえで静止。

別にお腹は空いていないけれど、おもむろにバナナを貪る。

ストーブのスイッチを入れる。

そして、ピアスも腕時計もバナナの皮も、何もかも床に放り投げてベッドにダイブした。

 

急に涙があふれて、止まらなくなった。

 

財布を盗まれてしまったこと、全てが自分の責任であることはわかっているけれど、それでも泣きたかった。

スリが多いなんて知っていたから、情けなかった。

頑張ってバイトで貯めたお金だったから、悔しかった。

人間の悪意に触れたことが、悲しかった。

 

ずっと強がって楽しい、楽しいとブログに書いていたけれど、本当はギリシャなんて大嫌いだ。

治安最悪、入館料はぼったくり、アジア人は道を歩くだけで笑われる、最低な国だ。

もう二度と行きたくないと心の底から思っている。

 

なんて、そんなふうに悪口を言っていないと、今日は立ち上がれない。どうやら私は結構傷ついているらしい。

 

明日は1週間分の洗濯、キャッシュカードの再発行、クレジットカードの手続きとやらなければならないことが盛りだくさんだ。

心機一転、頑張らなければ。

 

でも、とりあえず今はこうして寝ていたい。

ひとりでじっと夜に包まれて、気付いたら朝になっていればいいと思う。

どうか、少しでもいい夢を見られますように。

そして、明日の自分は期待を裏切らず働けますように。

 

おやすみなさい。

 

 

 

音楽

 

旅行中、財布をなくした直後にwowakaさんが亡くなってしまったことを知り、さらにショックを受けた。

裏表ラバーズ、ワールズエンドダンスホールローリンガール…キラーチューンばかりで、全部擦り切れてしまうほどに楽しんだと思う。

 

そんな中でも私は、『日常と地球の額縁』がお気に入りだった。

日常と地球の額縁

日常と地球の額縁

  • wowaka
  • J-Pop
  • ¥200

どこか暗いところが大好きだった。

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

   にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村  

グッバイ財布…

 

タイトルから分かる通り、

財布を盗まれました。

 

もうね、自分が悪い。

地下鉄なのにバッグのファスナー開けてたんだもん。

盗んでくださいと言ってるようなもん。

 

それでも、辛い。

なんせ有り金全部入れてたせいで、無一文のすっからかんになっちゃったんだから。

あ〜〜〜死にて〜〜〜〜〜。

 

とりあえず盗難届だけは出しておこうと思い(携行品損害を保険で請求したいのもある)、アテネの警察を調べると近くに"Police for tourists"なるものが。

これは行くしかないと思い入ってみると、陽気なおじさんが出迎えてくれた。

 

私「My wallet was stolen.」

 

おじさん「So Happy!!!

 

高らかにハッハッハと笑うおじさん。

じょ、冗談はいい加減にしてくれ…。

 

おじさんは日本人が財布を盗まれすぎるため日本語を覚えてしまったらしく、アリガトー、ハイ、イイエ、コニチワーコンバンワーオハヨゴザイマースって感じでめちゃめちゃ話しかけてきた。

もう!と思いつつも、死にそうだった私の心がいつのまにか元気を取り戻した気がした。

 

本当に警察なのかどうかわからないファンキーなおじさんだったが、対応してくれたのが彼で本当に良かった。

最後にはお菓子もくれて、人の優しさはやはり素晴らしいと思えた。

 

 

その後は、いつまでも凹んでいるわけにもいかないのでパルテノン神殿などのメジャースポットを観光。

 

f:id:moemetalxxx:20190408031504j:image

思ったよりもめちゃめちゃどでかいパルテノン神殿。人生で一回は来るべきだと思った。

 

補修作業中だが迫力は有り余るほどだ。

ギリシア人、しゅごい。

 

 

さて、パルテノン神殿が壊れている理由だが、これは単なる風化ではなくベネツィア軍による砲撃によるものらしい。

 

ベネツィア軍、いくらなんでも戦犯すぎる。

 

この事実を聞いて、一つ思ったことがある。

 

私の間違いめっちゃちっぽけ〜!

 

こんな誰がどう見たって世界遺産確定、絶対ありえん大切そうな神殿に砲撃OKサイン出しちゃった人に比べたら、財布盗まれたくらい大したことない。

歴史に名を残すレベルでの失敗じゃないなら、もうなんだっていいじゃ〜ん!

なんでもやってやれ〜!

 

足下ばかり見てると気になることだって、でっかいものを見上げたら大したことないんだな、そんなことに改めて気づけた1日だった。

財布は勉強料にしては高すぎるが、そういうことにしておこう。

これからの自分よ、失敗を恐れるな!

 

 

 

そんなことを自分に言い聞かせながらも、やっぱりもう当分海外は行きたくないのが本音である。

CBT後の1ヶ月間の休みは国内旅行にしよう、そう心に決めたのであった。

今のところは、屋久島とかいいんじゃない?と思っている。

 

 

 

明日は、日本へと発つ日だ。

長かったような短かったような。

最後まで楽しめますように。

 

 

 

   にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村  

アテネの洗礼を受けました。

 

ごうごうという風の音で目が覚めた。

時間は朝の5時。

4/6のサントリーニ島は、あいにくの嵐に見舞われた。

 

天気のせいかなんとも起きる気がせず、ベッドでぐだぐだしてしまう。

そうこうしているうちに9時になってしまい慌てて支度をし、遅めの朝食をとった。

 

小さな島には十分すぎるほど滞在したが、おかげで1日でも晴れた日があって良かった。

白と青しかない街には太陽がいちばん似合う。

一生忘れない景色に出会えた。

 

ありがとう、さようならサントリーニ…

 

と思っていたら、嵐で飛行機が遅延していた。

サントリーニ島の食べ物は基本的にピタギロサンド(ピタパンにチキンやパークをはさんだもの)かスブラキ(焼き鳥)しかないので、さすがにもうアテネに行きたい。

そんな気持ちが伝わったのか1時間ほどの遅延で飛行機は飛んだが、小さなプロペラ機がゆらゆら風に揺れてしまい、かなりの恐怖を味わうこととなった。

 

 

 

アテネの空港は中心地から遠いが、バスが15〜20分間隔で出ているため交通の便は良い。

私たちのホテルに近いシンタグマ広場へは、1時間ほどで行ける。6ユーロと価格も安いのでおすすめです。

 

アテネに着いたのは夕方だったので、靴屋やスイーツのお店などを冷やかし、Tzitzikas kai Mermigasというお店で夕食をとった。

 

f:id:moemetalxxx:20190407033955j:image

なぜかウェルカムドリンクでショットが出てくる。アテネの洗礼?

 

お酒に弱い私は、昨日に引き続きへべれけ。

異国の地をいいことに、普段は話さない(話せない?)ようなことで大笑いしてとても楽しいディナーだった。

このお店は価格はリーズナブルだがどれも味が美味しく、地元民にも人気なようだった。

 

 

 

ハプニングはあれど、無事にアテネに着いてよかった。

明日はパルテノン神殿など見所たくさん。ゆっくり寝て、ばっちり観光します。

 

 

 

 

ところで、ベッドでぐだぐだしている時間は、無駄なように思えながらも至福の時間だと思う。

むしろ、無駄なように思えるという背徳感がそうさせているのかもしれないけれども。

 

ぐだぐだしている時、人は何を考えているのだろう。

 

ちなみに私はといえば、勝手に脳内彼氏を登場させてしまう。

共感してくれる人が1人でもいたら、真っ先に教えてほしい。私だけじゃない…よね?

 

普段は優しいのに実はいじめるのが大好き♡なんていう、今どきマンガの広告にも登場しなくなったベッタベタなギャップ萌えを備えた私の脳内彼氏。

そのような男性が現れるのが先か、それとも脳内彼氏を現実世界に投影できるようになる技術が先か。

運命も文明も、私には予測不可能。

とりあえず、オリンポス12神にでも祈ってみようか…そんなことを思いながら締めくくる1日なのであった。

 

 

 

   にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村  

博物館で呑んだくれて。

 

本日4/5はサントリーニ島観光2日目。

昨日よりは天気が悪く寒かったので、くつろぎの1日としました。

 

朝からホテルのサッカーのゲームで遊んで騒いだり

 

f:id:moemetalxxx:20190406025003j:image

 

スパに行ったりしました。

 

私たちの泊まったマジェスティックホテルは、なんと無料の20〜25分のフェイストリートメントを受けられるサービス付き。

これは行くしかない!と押しかけたところ、またまた絶世の美女

 

絶世の美女に顔を触られるという一生に一度あるかないかのめくるめく体験。しかも、サービスで40分くらいにしてくれたような…。

 

神さま、ありがとう。

 

 

 

午後はフィラの町でご飯の食べ歩き。

 

f:id:moemetalxxx:20190406021442j:image

ピタギロチキン。3ユーロくらいだけどお腹いっぱい!

 

f:id:moemetalxxx:20190406022135j:image

自分で盛って重さで会計してくれるお店。親切なお店のおばちゃんが綺麗に盛ってくれる。量が多くておなかピーヒャラになりそうだったので、2人で1つに。

 

 

 

その後は、ワイン博物館へ!

 

f:id:moemetalxxx:20190406022630j:image

フィラのバス停からカマリビーチ行きのバスに乗っていける。切符を打ってくれるおじさんに「ワインミュージアム!ワインミュージアム!」といえば大丈夫。

 

ワイン博物館は、コチョヤノポロ?(Koutsoyannopoulos)さんというワインづくりで財を成した一族が作ったものらしい。

最後まで、読み方がわからず帰ってしまったのだが。

 

ここでは、様々なワインの試飲とワインづくりの歴史の展示を楽しめる。

入場料は10,15,20ユーロから選ぶことができ、試飲の種類が4,6,8種類になる。

 

なんと展示は日本語のガイド音声も付いており、内容がよくわかるため予想より楽しむことができた。

 

f:id:moemetalxxx:20190406023605j:image

ちょっと怪しい人形たちの間を進んでいく。日本語ガイド音声もたまに怪しくて笑いの種にちょうどいい。

 

試飲もどれも美味しかった。白ワイン、ロゼ、赤ワイン、デザートワインなど6種類を楽しんだ。

 

f:id:moemetalxxx:20190406023746j:image

 

お酒に弱い私は6種類でかなり酔っ払い、楽しい気分になってしまった。へへ。

 

最後まで名前の読み方がわからなかったが、コーチョヤノポロス?さんありがとう。

 

 

 

美しい街でゆったりのんびり酔っ払うのは、人間ならではの最高の幸せかもしれない。

 

明日はサントリーニ島を出て、アテネに向かう。

アテネも楽しく過ごせますように。

 

 

 

 

平成が終わる前に、もう一度初期の宇多田ヒカルを聴いておかなきゃいけないような気がする。

抱きしめられると君とparadiseにいるみたい。という歌詞はたまらないと思う。

Automatic

Automatic

 

 

 

 

   にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村