読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんぎゃる医学生ちゃん!

ばんぎゃる、医者になる。

返して、私の夏休み〜ばんぎゃる、盲腸になる③〜

3部に渡る長編、ついに終わりです。

 

 

痛みが治まらなかった私は、次の日もまた同じ病院へと向かった。

昨日と同じような検査をするも、「これじゃ埒あかねェ!」ということで、生まれて初めてCTをとることになった。ドキドキ。

点滴から造影剤を注入。いざCT!というところで謎の注意が…

 

「身体が熱くなるんですけど、我慢出来なくなったら教えてくださいネ〜」

 

身体が熱くなる、とはなんぞ?

「まぁまぁ、ゆーて、ちょっとあったかくなるくらいっしょwww」と思っていた私、甘〜い!

CT、身体の中すげえ熱い。喉から膀胱までが、ガーッと熱くなる。

出てきた時はカルチャーショックで痛みも忘れてた。それくらいびっくりする熱さだった。

 

CTの結果、盲腸だとわかり、すぐに手術をすることになった。

大きな傷が残ってしまうのではという心配は杞憂で、上手に腹腔鏡手術をしていただけた。腹腔鏡手術なら、おへそのところにちょろっと傷が残るだけ。しゅごい。

一つだけ謎だった事は、手術室で絢香が流れていたこと。あれは、人生初の手術で緊張していた私を励ましていたのだろうか…?

手術室で音楽流すことってあるのか、どなたか教えてくださいネm(_ _)m

 

そんなこんなで手術は無事成功したものの、痛みはそんなによくならなかった。むしろ前の痛みに加えて傷跡がむっちゃ痛む。

水を飲むことが出来ないので、痛み止めは点滴からの注入だった。

これがねー、めちゃくちゃキモチイイ…♡

簡単に言うと、頭がふわぁぁぁってした後お花畑でウフフ〜みたいな夢を見て目が覚める、の繰り返し。

もう1回やりたーい!と看護師さんに主張すると、1日3回までとのこと。

おそらく、これをやり過ぎるとヤク中になるのだろう。ヤク中の人の気持ちがわかってしまった瞬間だった。皆さんも、機会があったら人生で1回はレッツトライ。

 

その後、3日の入院を経て、若干の痛みは残りつつも退院。

人生初の体験が多くて良い経験になった…と言いたいところなのだが、なんと、この期間に花火大会・登山・海という3大夏のウェイ系大学生イベントを逃してしまった。

 

…。

返して、私の夏休み〜!!!

 

 

おわり☆

 
 
 押してほしいの…。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村