読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんぎゃる医学生ちゃん!

ばんぎゃる、医者になる。

LA命からがら帰国ものがたり①

Hi ;-)

とか言いださないから安心してね!

全く英語の上達していない私です。

LAから帰ってきました。

 

今回の旅行で初めてアメリカ大陸に上陸して、新たな発見がたくさんありました。百聞は一見に如かず、とはまさにこのこと。

違う国だから当たり前っちゃ当たり前なんだけど、日本では見られない、体験できないおったまげーなことばかりでした。

そのうちのいくつかについて、ちょっと紹介できたらいいなと思います。

忘れないうちに!吉幾三

 

 

Uber普及しすぎ

みなさま、Uberという超絶便利アプリケーションをご存知でしょうか。

私は旅行の計画を立てるまで名前すら聞いたことがありませんでした。

説明が面倒なので、App Storeからコピペ。

Uberは、昼夜関わらず、 スピーディーに、いつでも数分でご希望の場所にお迎えにあがります」

…マッタクイミガワカリマセーン!!!

まあ一言で言ってしまえば「配車アプリ」なのですが、驚くべきことは、Uberで迎えにきてくれる車はタクシーでもなんでもなく、一般のドライバーの自家用車だということなのです。

 

「危なくないの?」と感じる方には、「20回程利用しましたが全く問題ありませんでした。」としかお答えできません。

はっきり言って利用している私にも、どうやって「安全」なドライバーを見分けているかはわかりませんでした。

とりあえず、信じろ!という松岡修造的アドバイスだけ置いておきます。

 

そんな謎めいたところもあるUberですが、いざ使ってみると、あまりの便利さにやめられない止まらない。

なにせ、目的地を入力してボタンを1つ押すだけで、1番近くにいる車が現在地に来てくれる。乗りこむだけであっという間に到着。お金はUberが自動的に計算してくれて、カード払い。

…簡単しゅぎ〜〜〜!

アメリカでは恐ろしいほどUberが普及してるので「この辺車いない…」ということもなし。料金もタクシーの半分くらい(時間帯により需要供給のバランスが変わるため、料金変動あり)ときた。

乗るしか!

 

さらに、先ほど懸念していた安全性ですが、地下鉄やバスよりは余程良いと感じました。

なぜならば、LAの地下鉄…それは「無法地帯」。

いつからそこに座っているんだい根っこが生えたのかいと言わんばかりのホームレス。

スマホ最大音量でゲームをするキッズたち。

そして勝手に車内販売を始め出すおばちゃん。

こわい。

彼らの存在も怖い。でも、それ以上に恐いのが、彼らが全員黒人だということでした。

白人は地下鉄に乗らない。乗るのは、みすぼらしい格好の黒人だけ。

キング牧師が夢みた平等な世界なんて全然達成されていなかった。そんな悲しい現実に、到着して15分で気づかされる。

それから私たちが地下鉄に乗ることはありませんでした。

 

 

と、なんだか暗い話になってしまいましたが、国民みんなが同じ肌の色の日本に住んでいる限り馴染みのないアメリカの格差社会には、本当に驚かされたのです。

「差別するな!」「格差をなくせ!」、非常に難しい問題なので、簡単にそう言う事はできません。でも、大学生という時期にこうやって衝撃を受けたこと、一生忘れたくないと感じたので、今こうしてブログに書いている次第であります。

 

 

 

長くなりそうなので、「LA命からがら帰国ものがたり」は②に続いちゃうよ!ごめんなさいね!

それでは、今日は新大久保でチーズタッカルビとかいう肉とチーズの華麗なる饗宴を楽しんできますね❤︎

バイバイ!

 

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村